ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院 まで

  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・電話
  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・メニュー

記事一覧

子どもの虫歯予防のシーラントとは?

2021.05.19(水)

子どもむし歯を予防するのであれば、正しい歯磨き習慣を身に付けるのが第一です。それに加えて、シーラントを実施することで、むし歯の予防効果はさらに高まります。今回はそんな子どものむし歯予防のシーラントについてわかりやすく解説します。

 

▼子どもの奥歯はむし歯になりやすい

 

ひと言で歯といっても、生えている場所や形、機能によっていくつかの種類に分けることができます。例えば乳歯の奥歯である「乳臼歯(にゅうきゅうし)」は、噛む部分に複雑な溝があるという特徴を持っています。この溝は、大人の奥歯よりも複雑で食べかすやプラークなどがたまりやすくなっています。そこで有用なのがシーラントです。

 

▼シーラントで奥歯の溝を埋める

 

シーラントは、歯科用のプラスチックであるレジンで、奥歯の溝を埋める処置です。ジェル状のシーラントを奥歯の溝に流し込み、光で硬化させます。そうすると、子どもの奥歯の表面が滑沢になり、食べかすやプラークが溜まりにくくなるのです。その結果、むし歯のリスクが大きく減少します。

 

▼生えたばかりの永久歯にも使える

 

6歳くらいに生えてくる第一大臼歯も、生えて間もない頃はむし歯のリスクが高くなっています。乳臼歯と同様、噛む部分の溝が複雑だったり、歯質が未成熟だったりするためです。そうした未成熟な永久歯に対しても、シーラントを実施して、むし歯予防につなげることがあります。いずれにせよ、小さなお子さまが受ける処置ですが、ケースによっては大人になってからでも受けることができます。

 

▼まとめ

 

このように、乳歯の奥歯や生えたばかりの永久歯には、シーラントによるむし歯予防が効果的です。歯を削る必要がなく、施術に痛みも伴いませんので、小さなお子さまでも気軽に受けることができますよ。当院までお越しいただければ、フッ化物の歯面塗布やブラッシング指導だけでなく、シーラントによるむし歯予防も受けることができます。

お子様のお口のことで気になることがあれば、遠慮なくご連絡ください。

舌の力が弱いとどうなるのか?

2021.05.05(水)

歯や歯茎の機能や異常については関心が高い人も多いかと思いますが、「舌」となる話は少し変わりますよね。おそらく、お口の健康と舌に密接な関連があることは、あまり知られていないことかと思います。そこで今回は、舌の力とお口の健康との関わりについてわかりやすく解説します。

 

▼食べ物を飲み込みにくくなる

 

私たちの舌は、実にたくさんの機能を担っています。もっともわかりやすいのが「食塊の移送」です。食事の際にそしゃくした食べ物を喉の奥へ送り込むのは、舌の役割です。そのため、舌の力が弱くなった高齢の方は、食べ物をしっかり喉の奥まで送り込むことが難しく、口腔内に残存しやすくなっています。つまり、舌の力が弱いと、食べ物を飲み込みにくくなるのです。

 

▼発音しにくくなる

 

舌は、発音機能にも関係しています。上手く発音できない状態を「舌が回らない」と表現しますが、これはいろいろな音を発音する際に、舌が大きな役割を担っているからです。舌の力が衰えれば、自ずと発音にも障害が現れます。

 

▼歯並びが悪くなる

 

これは主に発育期の子どもにいえることですが、舌の力が弱いと歯並びが悪くなることがあります。私たちの歯列は、舌によって内側から適度に圧力をかけられることで広がっていきます。もしも舌の動きが悪かったり、力が弱かったりすると、歯列が正常に広がらず、叢生や出っ歯、八重歯などの異常を引き起こします。場合によっては、大人になってからでもそうした異常が生じることもあります。

 

▼まとめ

 

このように、舌の力が弱いと、食べ物を飲み込みにくい、発音しにくい、歯並びが乱れる、といったトラブルが起こりやすくなります。とくに、飲み込む機能の低下は誤嚥にもつながりやすいことから、できるだけ早期に対処した方が良いといえます。当院では、舌の力の検査もできます。また、舌の力を鍛える方法もアドバイスできますので、心当たりのある方はお気軽に当院までご相談ください。

自宅で行える唾液腺マッサージ

2021.04.21(水)

私たちの唾液には、実にたくさんの役割があります。それはお口の健康を維持する上で重要なものばかりです。そこで今回は、唾液が担っている役割について解説します。

 

▼殺菌・抗菌作用

 

唾液が担っている役割として第一に挙げておきたいのが「殺菌作用・抗菌作用」です。唾液に含まれるいくつかの成分は、口腔内の細菌を殺したり、その活動を抑えたりする作用が期待できます。つまり、むし歯菌や歯周病菌が増えないよう、機能してくれているのです。

 

▼自浄作用

 

食事の最中には、たくさんの唾液が分泌されますよね。これは咀嚼した食べ物のカスがお口の中に停滞しないよう、洗い流すためです。専門的には「自浄作用」と呼ばれるものです。唾液の分泌が豊富であれば、食べかすなどがたまらず、歯垢の形成も抑えられます。

 

▼歯の再石灰化作用

 

私たちの歯は毎日「脱灰(だっかい)」と「再石灰化(さいせっかいか)」という現象を繰り返しています。むし歯菌が産生する酸はもちろん、酸性の食べ物を口にするだけでも、歯に脱灰現象は生じるからです。それを元に戻す再石灰化は、唾液に含まれるカルシウムイオンやリン酸イオンが担っています。ですから、唾液の分泌量が低下すると、脱灰現象ばかりが進んでしまい、むし歯のリスクも上昇します。

 

▼消化作用

 

唾液には、デンプンを分解する酵素であるアミラーゼが豊富に含まれています。ご飯やパンといった炭水化物を食べた際には、アミラーゼが働いて、消化しやすい形態まで分解してくれます。その他、唾液には口腔粘膜を保護する作用も期待できます。

 

▼まとめ

 

このように、唾液というのは単なる水のような液体ではなく、その中にはさまざまな成分が含まれ、口腔内の健康維持・増進に役立っています。それだけに、唾液分泌が低下して、口腔乾燥の症状が目立っているのであれば、改善すべきであるといえます。当院では唾液腺マッサージなど、口腔乾燥を改善する方法も提案することができますので、ドライマウスにお困りであればいつでもお気軽にご相談ください。

唾液の役割について

2021.04.07(水)

私たちの唾液には、実にたくさんの役割があります。それはお口の健康を維持する上で重要なものばかりです。そこで今回は、唾液が担っている役割について解説します。

 

▼殺菌・抗菌作用

 

唾液が担っている役割として第一に挙げておきたいのが「殺菌作用・抗菌作用」です。唾液に含まれるいくつかの成分は、口腔内の細菌を殺したり、その活動を抑えたりする作用が期待できます。つまり、むし歯菌や歯周病菌が増えないよう、機能してくれているのです。

 

▼自浄作用

 

食事の最中には、たくさんの唾液が分泌されますよね。これは咀嚼した食べ物のカスがお口の中に停滞しないよう、洗い流すためです。専門的には「自浄作用」と呼ばれるものです。唾液の分泌が豊富であれば、食べかすなどがたまらず、歯垢の形成も抑えられます。

 

▼歯の再石灰化作用

 

私たちの歯は毎日「脱灰(だっかい)」と「再石灰化(さいせっかいか)」という現象を繰り返しています。むし歯菌が産生する酸はもちろん、酸性の食べ物を口にするだけでも、歯に脱灰現象は生じるからです。それを元に戻す再石灰化は、唾液に含まれるカルシウムイオンやリン酸イオンが担っています。ですから、唾液の分泌量が低下すると、脱灰現象ばかりが進んでしまい、むし歯のリスクも上昇します。

 

▼消化作用

 

唾液には、デンプンを分解する酵素であるアミラーゼが豊富に含まれています。ご飯やパンといった炭水化物を食べた際には、アミラーゼが働いて、消化しやすい形態まで分解してくれます。その他、唾液には口腔粘膜を保護する作用も期待できます。

 

▼まとめ

 

このように、唾液というのは単なる水のような液体ではなく、その中にはさまざまな成分が含まれ、口腔内の健康維持・増進に役立っています。それだけに、唾液分泌が低下して、口腔乾燥の症状が目立っているのであれば、改善すべきであるといえます。当院では唾液腺マッサージなど、口腔乾燥を改善する方法も提案することができますので、ドライマウスにお困りであればいつでもお気軽にご相談ください。

口腔ケアと誤嚥性肺炎

2021.03.24(水)

高齢の方がかかりやすい病気に「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」というものがあります。命を落とす方も多いこの病気は、口腔衛生状態とも深い関連があることがわかっています。そこで今回は、口腔ケアと誤嚥性肺炎の関係についてわかりやすく解説します。

 

▼誤嚥性肺炎とは?

 

誤嚥性肺炎とは、食べ物や飲み物を飲み込む行為である「嚥下機能」に異常が生じ、誤嚥することで肺炎を発症することを意味します。最近では、誤嚥性肺炎によってなくなられるケースが増えているので、もうすでにご存知の方も多いかもしれませんね。

 

▼誤嚥性肺炎の原因

 

誤嚥性肺炎の主な原因は、口腔衛生状態の悪化です。お口の中が汚くなると、細菌や真菌が繁殖して、その一部が唾液などと一緒に気管へ紛れ込んでしまうからです。とくに歯周病菌とは強い関連があることが判明しています。ですから、重症化した歯周病では、合併症として誤嚥性肺炎が挙げられます。

 

▼口腔ケアで予防する

 

誤嚥性肺炎は、口腔ケアを徹底することで、予防が可能となります。嚥下反射が衰えて、頻繁に誤嚥をするようになったとしても、細菌が一緒に送り込まれなければ肺炎を起こすことがないからです。そのため、誤嚥をよく高齢の方は、若い人以上に口腔ケアを徹底する必要があります。ちなみに、歯医者さんに「摂食嚥下リハビリテーション」を受けることで、正常な嚥下機能を取り戻すことも可能です。誤嚥性肺炎のリスクが高い人は、口腔ケアとリハビリという2つの方向から予防策を講じることが大切です。

 

▼まとめ

 

このように、口腔ケアと誤嚥性肺炎には密接な関連が認められますので、誤嚥が疑われる方や、歯周病が重症化している方は、積極的に摂食嚥下リハビリテーションや口腔ケアを受けるように努めましょう。口腔ケアは、プロフェッショナルケアとセルフケアを両立させる必要があります。当院までご相談いただければ、そのお手伝いができるかと思います。

 

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 33