ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院 まで

  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・電話
  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・メニュー

記事一覧

根管充填とはどのような状態のことをいうのか?

2018.12.12(水)

根管治療に、根管充填(こんかんじゅうてん)と呼ばれる処置があります。根管治療をきちんと完了する上で、欠かすことのできない処置であるため、詳しく解説したいと思います。

 

  1. 根管充填とは

 

根管充填とは、根管内(歯の神経の入っている部屋)の洗浄、消毒などが終わった後に行われる処置です。つまり、根管充填まで治療が進んだということは、根管内がきれいに洗浄された状態であることを意味します。ちなみに、根管充填というのは、充填という言葉からも想像できる通り、特別な材料を根管内に詰めることを指します。充填する材料は、ガッタパーチャと呼ばれる専用の詰め物と、根管内を無菌状態にするための薬剤などです。

 

  1. 隙間ができないように詰めることが大切

 

根管充填で最も大切なことは、根管内をガッタパーチャや薬剤で密閉することです。専門的には「緊密な充填」と表現するのですが、とにかく根管内に隙間が生じないように材料を詰めます。根管充填が適切に行われたかは、レントゲン撮影することでわかります。なぜなら、ガッタパーチャなどの材料にはレントゲンに写る、造影効果のある成分が含まれているからです。

 

  1. 隙間ができたらどうなるの?

 

根管充填が不十分で、根管内に隙間が生じると、そこから再び、細菌感染が引き起こされることがあります。とくに、根の先の方に充填材が行き届いていないケースが多く、根尖病巣(根の先の膿)の原因となることも珍しくありません。

 

  1. 充填した材料はいつ取り出すの?

 

根管根充で根管内に詰め込んだ材料は、取り出す必要はありません。ガッタパーチャも含め、使用される材料は生体に無害ですので、そのまま放置していても何ら問題はないのです。ですから、予後が良ければ、一生詰めたままでいることも可能です。

 

  1. まとめ

 

このように、根管充填は根管内を薬剤などで埋める処置法ですが、丁寧にに行わなければ二次感染の原因となってしまいます。再根管治療が必要になる原因としては、根管充填が不十分であるケースも珍しくありません。ですから、最後のプロセスである根管充填は、根管治療を成功させる上で非常に重要といえるのです。

根の治療にはどのくらいの期間が必要なのか?

2018.12.05(水)

虫歯が重症化すると、虫歯菌の感染が歯の神経にまで及びます。そういったケースで必要となるのが根管治療です。根管治療は、とても長い治療期間を要する処置というイメージが強いですが、実際はどのくらいかかるものなのでしょうか。

 

  1. 根管治療ってなに?

 

根管治療とは、歯の根っこの治療のことです。虫歯菌に侵された神経を抜き、根管内をきれいにお掃除する歯科処置です。これを行わなければ、根管内(神経の入っている部屋)で虫歯菌が増殖し、やがては歯がボロボロになります。そして、歯の根っこの先から虫歯菌が漏れ出て、歯茎や顎の骨などにも感染が広がることがあるのです。

 

  1. 根管内を無菌化するのに時間がかかる

 

根管治療を行うためには、根管内の病巣をすべて取り除かなければなりません。虫歯菌に侵された神経はもちろんのこと、根管内の歯質も健全なものだけ残すことが大切です。この処置は、1回の通院で終わることは珍しく、ほとんどのケースで複数回かかります。ケースによっては、1ヶ月以上かかることもありますので、その点は事前に確認しておきましょう。

 

  1. 根管内がきれいになったら充填してふたをする

 

根管内の無菌化が完了したら、専用の薬を詰めて、補綴治療(被せ物治療)へと移ることができます。ここまでたどり着くには最低、数週間はかかります。なぜ、それほど時間をかけて根管内をきれいにするのかというと、虫歯の再発を防ぐことにつながるからです。もしも、根管内に虫歯菌などが残存していた場合、そのままふたをすると、二次感染が引き起こされますよね。それを防ぐには多少時間がかかっても、根管治療を徹底する必要があるのです。

 

  1. まとめ

 

このように、根の治療は最低、数週間、長い場合は数ヵ月にも及ぶことがあります。根管治療というのは、それほど難しい処置法なのです。同時に、二次感染を防ぎ、歯を残すためには必要不可欠な治療法ともいえます。鶴岡歯科医院ではCT診断装置によって通常のレントゲンでは不可能な3次元の画像で、根の状態を確認することができます。

歯間ブラシとフロスのどちらを使うべきですか?

2018.11.28(水)

毎日の歯磨きには、歯ブラシが必須ですよね。おそらく、歯ブラシによるブラッシングを行っていない方はいらっしゃらないかと思います。それに加えて、歯間ブラシやフロスといった補助的清掃器具を活用している人もいらっしゃいます。ただ、そこで迷うのが、歯間ブラシとフロスは、どちらを活用すれば良いかという点ですよね。

 

  1. 歯間ブラシとフロスの違いとは

 

歯間ブラシとフロスというのは、どちらも歯と歯の間をきれいにお掃除するための清掃器具です。目的が同じであるため、混同されがちですが、実は微妙に異なる点があります。まず、歯間ブラシについてですが、その名の通り器具の先端が「ブラシ」の形状をとっています。小さな取っ手がついていて、ブラシで歯と歯の間をお掃除する清掃器具です。次に、フロスについてですが、これはブラシの形状をとっていません。フロス自体は1本の糸でしかなく、歯と歯の間に挿入することで汚れを取り除きます。

 

  1. 歯と歯の間の隙間が広い人は歯間ブラシ

 

歯と歯の間に、広い隙間がある人は歯間ブラシが向いています。歯間ブラシというのは、ブラシの形状をとっているということもあり、器具自体がそれなりに太くなっているからです。そのため、一定以上の隙間がなければ、そもそもブラシを通すことができません。そして、一定以上の隙間がある人は、歯と歯の間に食べ物などが詰まりやすくなっているため、歯間ブラシによる清掃が有効であるといえるのです。

 

  1. フロスはすべての人におすすめ

 

歯と歯の間に、フロスを通す程度の隙間がある場合は、毎回のオーラルケアでフロスを活用しましょう。歯と歯の間の汚れは、歯ブラシによるブラッシングで落とすことが難しく、フロスによる清掃が必要となるからです。そのため、フロスというのは年齢に関係なく、ほぼすべての人におすすめの清掃器具といえます。

 

  1. まとめ

 

このように、歯間ブラシとフロスには、形態や使用目的が微妙に異なりますが、ケースバイケースで使い分けていく必要があります。こうした補助的清掃器具を活用することで、虫歯予防を強化することが可能となります。

歯が着色しないようするには、普段どう気を付ければいいですか?

2018.11.21(水)

歯の着色は、どんな人でも起こります。なぜなら、私たちの歯というのは、日々、たくさんの刺激にさらされているからです。けれども、生活習慣を改善することで、歯の着色を極力抑えることが可能です。ここでは、着色を防ぐために普段気を付けるべき点について詳しく解説します。

 

  1. 着色性の強い食品の摂取を控える

 

歯の着色を予防するためには、まずその原因を知る必要があります。といっても、歯の着色の原因となっているのは、主に食品ですので、どなたでもすぐにイメージできることかと思います。例えば、コーヒーや紅茶、赤ワインといった嗜好品は、多くの人が毎日摂取しています。これらの飲料には、比較的強い着色性がありますので、1日に何杯も飲む人は、歯の着色も起こりやすくなります。これらの摂取頻度を少なくするだけでも、歯の着色を抑えることは可能です。

 

  1. オーラルケアを徹底する

 

コーヒーやカレーが大好きな人は、歯の着色を抑えるという理由だけで、それらの摂取頻度を控えることはなかなか難しいですよね。そういった場合は、オーラルケアを日頃よりも徹底するようにしましょう。コーヒーやカレーを口にしたとしても、そのあとのブラッシングやうがいなどをきちんと行うことで、歯の着色を抑えることはできます。最も理想的なのは、着色性の食品を食べた後に、オーラルケアを徹底することです。

 

  1. 喫煙習慣を改める

 

歯の着色の原因として、食品に次いで多いのが喫煙です。タバコを日常的に吸っていると、あっという間に歯が着色します。しかもその着色はなかなか落としにくいものなので、着色に悩まれている方は、できるだけタバコを吸う本数を減らしましょう。もし可能であれば、禁煙することをおすすめします。

 

  1. まとめ

 

このように、歯の着色を予防するために、普段から行えることはたくさんあります。歯は一度着色すると、歯ブラシでは落とすことが難しいため、生活習慣を少しずつ改善することで予防するのが一番です。もうすでに着色してしまっている場合は、歯科医院で歯のクリーニングを受けましょう。鶴岡歯科医院では特に着色が強い方のためにトリートメントケアというプランをご用意しております。スタッフまでお気軽にお申し付けください!

歯医者のセカンドオピニオンとは

2018.11.14(水)

皆さんは「セカンドオピニオン」という言葉をご存知でしょうか。「第二の意見」と直訳することができますが、適切な医療を受ける上で非常に重要なものといえます。これは歯科治療においても同じです。

 

  1. セカンドオピニオンとは

 

セカンドオピニオンとは、体に何らかの異常があって、主治医に診査診断をしてもらったあと、また別の医師に診査診断を求めることを意味します。たった1人の医師の意見だけで、治療方針を決めてしまうのは少し怖いですよね。それが重篤な病気であれば、なおさらです。そんな時に「第二の意見」として別の医師に診査診断を求めることがセカンドオピニオンで、すべての患者さんが持っている権利でもあります。

 

  1. 歯医者でもセカンドオピニオンは必要

 

歯医者の治療というのは、比較的侵襲性の高いものが多いです。例えば、虫歯治療をするにしても、二度と再生することのない歯質を削ったり、場合によっては抜歯をしたりします。これらはある意味で、後戻りのできない治療ですよね。それだけに、別の歯科医師にセカンドオピニオンを受けることは有用であるといえるのです。

 

  1. インプラント治療などで活用する人が多い

 

インプラント治療は、インプラントオペと呼ばれる外科手術を必ず伴います。また、治療費も1本数十万円単位でかかり、治療期間も長期になりやすいです。そのため、インプラント治療を開始する前に、セカンドオピニオンを求める人が急増しています。つまり、歯医者の治療においては、先端医療でセカンドオピニオンを求める場面が多いといえるでしょう。

 

  1. まとめ

 

このように、歯医者の治療でもセカンドオピニオンを活用する患者さんは年々増えています。セカンドオピニオンを求めることは、患者さんに与えられた権利ですので、必要と判断したら迷わずセカンドオピニオンを求めるようにしましょう。歯科医師の方もそれを理解しているので、気分を害することはまずありません。何より大切なのは、患者さんが心から納得した上で、歯科治療を受けることです。

1 26 27 28 29 30 31 32 33