ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事一覧

歯の土台をファイバーコアにするメリット

2018.12.26(水)

虫歯が進行すると、歯の頭の部分である「歯冠(しかん)」が崩壊してしまいます。そうなった時に必要となるのが被せ物(クラウン)による補綴治療です。被せ物を装着するには、コアと呼ばれる土台を作る必要があるのですが、それを金属ではなくファイバーコアにする治療が普及してきています。そんなファイバーコアによる治療のメリットについて詳しく解説します。

 

  1. 歯の土台は金属が一般的?

 

被せ物を装着する際に、歯の土台を作ることになるのですが、一般的には金属が使われることが多いです。いわゆるメタルコアと呼ばれるものですね。メタルコアであれば、丈夫で製作も比較的簡単であり、コストも低く抑えることができます。ただ、コアを金属にすると、クラウンから金属色が透けて見えたり、金属が硬すぎるために残った歯質を割ってしまったりすることもあるのです。そういった理由から、ファイバーコアが選ばれることが多くなってきています。

 

  1. ファイバーコアは歯質に近い材料

 

ファイバーコアは、柔軟性の高い材料です。例えば、歯に強い力がかかった時に、内部に金属製のコアが入っていると、圧力がコアにではなく周りの歯に及んでしまうのです。その結果、歯根(歯の根)が割れてしまうことがあります。実はこの歯根破折が虫歯や歯周病を上回って抜歯の原因第1位なんです!!一方、ファイバーコアであれば、柔軟性などの性質が歯に近いため、強い圧力がかかってもコアと歯に均等な力が及びます。これは、クラウンを長く使い続けていく上で、非常に重要な要素といえます。

 

  1. 自然な色に仕上がる

 

コアの上にはレジンやセラミックで製作したクラウンを装着しますが、内部にメタルコアを設置していると、金属色が透けて見えることがあります。その点、ファイバーコアであれば歯質に近い色をしていますので、目立つようなことはなく、自然な色に仕上がります。また、金属アレルギーのリスクもなくなるため、体に優しい歯科材料といえるのです。

 

  1. まとめ

 

このように、クラウンのコアをメタルではなくファイバーにすると、いろいろなメリットを得ることができます。気になる方は、歯科医師に相談してみましょう。

差し歯による歯茎の変色(メタルタトゥー)は、元に戻せますか?

2018.12.19(水)

皆さんは、「メタルタトゥー」という言葉をご存知でしょうか。歯科治療で使われる専門用語なのですが、簡単にいうと「歯茎の変色」です。ここではそんなメタルタトゥーについて、元に戻す方法などを中心に詳しく解説します。

 

  1. メタルタトゥーとは

 

メタルタトゥーとは、金属製の補綴物(詰め物・被せ物)による歯茎の変色です。保険診療で作られたインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)などは、長い間使用していくなかで、金属成分が錆びて溶け出してしまいます。最もポピュラーなのが銀合金に含まれる銀イオンの溶出です。長い間、唾液にさらされた銀歯から銀イオンが溶け出し、歯茎に沈着するのです。そのため、メタルタトゥーが生じているすぐそばには、必ずと言って良いほど金属製の補綴物が存在しています。

 

  1. 根本的な原因を取り除くことが重要

 

メタルタトゥーを改善する上で、まず必ず行わなければならないのは、根本的な原因を取り除くことです。つまり、金属イオンを溶出している金属製の補綴物の撤去です。同時に、レジン(プラスチック)やセラミックによる補綴治療が必要となります。インレーやクラウンがセラミックなどに置き換えられることで、それ以上、歯茎の変色が起こることはなくなります。

 

  1. ガムピーリングは有効?

 

歯科治療の中には、古い歯茎をはがして、新しい歯茎の再生を促す「ガムピーリング」という処置法があります。主に、喫煙による歯茎の変色に活用されます。メタルタトゥーにも効果はあるといえますが、それほど一般的であるとはいえません。なぜなら、メタルタトゥーというのは、根本的な原因となっている補綴物を除去すれば、症状も改善していくからです。ですから、メタルタトゥーによって生じている歯茎の変色は、何より根本的な原因を取り除くことを優先しましょう。

 

  1. まとめ

 

このように、差し歯による歯茎の変色は、元に戻すことができます。その解決法は、変色の原因となっている金属製補綴物の除去です。補綴物がセラミックなどの材料に取り換えられることで、歯茎の変色も徐々に改善していきます。鶴岡歯科医院では詰め物、被せ物の材質による歯の寿命への影響などについてオリジナルのパンフレットをご用意しております。

ご興味のある方はお気軽にスタッフにお申し付けください。

根管充填とはどのような状態のことをいうのか?

2018.12.12(水)

根管治療に、根管充填(こんかんじゅうてん)と呼ばれる処置があります。根管治療をきちんと完了する上で、欠かすことのできない処置であるため、詳しく解説したいと思います。

 

  1. 根管充填とは

 

根管充填とは、根管内(歯の神経の入っている部屋)の洗浄、消毒などが終わった後に行われる処置です。つまり、根管充填まで治療が進んだということは、根管内がきれいに洗浄された状態であることを意味します。ちなみに、根管充填というのは、充填という言葉からも想像できる通り、特別な材料を根管内に詰めることを指します。充填する材料は、ガッタパーチャと呼ばれる専用の詰め物と、根管内を無菌状態にするための薬剤などです。

 

  1. 隙間ができないように詰めることが大切

 

根管充填で最も大切なことは、根管内をガッタパーチャや薬剤で密閉することです。専門的には「緊密な充填」と表現するのですが、とにかく根管内に隙間が生じないように材料を詰めます。根管充填が適切に行われたかは、レントゲン撮影することでわかります。なぜなら、ガッタパーチャなどの材料にはレントゲンに写る、造影効果のある成分が含まれているからです。

 

  1. 隙間ができたらどうなるの?

 

根管充填が不十分で、根管内に隙間が生じると、そこから再び、細菌感染が引き起こされることがあります。とくに、根の先の方に充填材が行き届いていないケースが多く、根尖病巣(根の先の膿)の原因となることも珍しくありません。

 

  1. 充填した材料はいつ取り出すの?

 

根管根充で根管内に詰め込んだ材料は、取り出す必要はありません。ガッタパーチャも含め、使用される材料は生体に無害ですので、そのまま放置していても何ら問題はないのです。ですから、予後が良ければ、一生詰めたままでいることも可能です。

 

  1. まとめ

 

このように、根管充填は根管内を薬剤などで埋める処置法ですが、丁寧にに行わなければ二次感染の原因となってしまいます。再根管治療が必要になる原因としては、根管充填が不十分であるケースも珍しくありません。ですから、最後のプロセスである根管充填は、根管治療を成功させる上で非常に重要といえるのです。

根の治療にはどのくらいの期間が必要なのか?

2018.12.05(水)

虫歯が重症化すると、虫歯菌の感染が歯の神経にまで及びます。そういったケースで必要となるのが根管治療です。根管治療は、とても長い治療期間を要する処置というイメージが強いですが、実際はどのくらいかかるものなのでしょうか。

 

  1. 根管治療ってなに?

 

根管治療とは、歯の根っこの治療のことです。虫歯菌に侵された神経を抜き、根管内をきれいにお掃除する歯科処置です。これを行わなければ、根管内(神経の入っている部屋)で虫歯菌が増殖し、やがては歯がボロボロになります。そして、歯の根っこの先から虫歯菌が漏れ出て、歯茎や顎の骨などにも感染が広がることがあるのです。

 

  1. 根管内を無菌化するのに時間がかかる

 

根管治療を行うためには、根管内の病巣をすべて取り除かなければなりません。虫歯菌に侵された神経はもちろんのこと、根管内の歯質も健全なものだけ残すことが大切です。この処置は、1回の通院で終わることは珍しく、ほとんどのケースで複数回かかります。ケースによっては、1ヶ月以上かかることもありますので、その点は事前に確認しておきましょう。

 

  1. 根管内がきれいになったら充填してふたをする

 

根管内の無菌化が完了したら、専用の薬を詰めて、補綴治療(被せ物治療)へと移ることができます。ここまでたどり着くには最低、数週間はかかります。なぜ、それほど時間をかけて根管内をきれいにするのかというと、虫歯の再発を防ぐことにつながるからです。もしも、根管内に虫歯菌などが残存していた場合、そのままふたをすると、二次感染が引き起こされますよね。それを防ぐには多少時間がかかっても、根管治療を徹底する必要があるのです。

 

  1. まとめ

 

このように、根の治療は最低、数週間、長い場合は数ヵ月にも及ぶことがあります。根管治療というのは、それほど難しい処置法なのです。同時に、二次感染を防ぎ、歯を残すためには必要不可欠な治療法ともいえます。鶴岡歯科医院ではCT診断装置によって通常のレントゲンでは不可能な3次元の画像で、根の状態を確認することができます。

歯間ブラシとフロスのどちらを使うべきですか?

2018.11.28(水)

毎日の歯磨きには、歯ブラシが必須ですよね。おそらく、歯ブラシによるブラッシングを行っていない方はいらっしゃらないかと思います。それに加えて、歯間ブラシやフロスといった補助的清掃器具を活用している人もいらっしゃいます。ただ、そこで迷うのが、歯間ブラシとフロスは、どちらを活用すれば良いかという点ですよね。

 

  1. 歯間ブラシとフロスの違いとは

 

歯間ブラシとフロスというのは、どちらも歯と歯の間をきれいにお掃除するための清掃器具です。目的が同じであるため、混同されがちですが、実は微妙に異なる点があります。まず、歯間ブラシについてですが、その名の通り器具の先端が「ブラシ」の形状をとっています。小さな取っ手がついていて、ブラシで歯と歯の間をお掃除する清掃器具です。次に、フロスについてですが、これはブラシの形状をとっていません。フロス自体は1本の糸でしかなく、歯と歯の間に挿入することで汚れを取り除きます。

 

  1. 歯と歯の間の隙間が広い人は歯間ブラシ

 

歯と歯の間に、広い隙間がある人は歯間ブラシが向いています。歯間ブラシというのは、ブラシの形状をとっているということもあり、器具自体がそれなりに太くなっているからです。そのため、一定以上の隙間がなければ、そもそもブラシを通すことができません。そして、一定以上の隙間がある人は、歯と歯の間に食べ物などが詰まりやすくなっているため、歯間ブラシによる清掃が有効であるといえるのです。

 

  1. フロスはすべての人におすすめ

 

歯と歯の間に、フロスを通す程度の隙間がある場合は、毎回のオーラルケアでフロスを活用しましょう。歯と歯の間の汚れは、歯ブラシによるブラッシングで落とすことが難しく、フロスによる清掃が必要となるからです。そのため、フロスというのは年齢に関係なく、ほぼすべての人におすすめの清掃器具といえます。

 

  1. まとめ

 

このように、歯間ブラシとフロスには、形態や使用目的が微妙に異なりますが、ケースバイケースで使い分けていく必要があります。こうした補助的清掃器具を活用することで、虫歯予防を強化することが可能となります。

1 12 13 14 15 16 17 18 19