ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事一覧

フッ素を歯に塗るとどんな効果があるのか?

2019.05.08(水)

フッ素は歯にいいという話はよく耳にしますよね。歯磨き粉にもフッ素が含まれているものが沢山販売されていますし、虫歯予防に効果があるのは間違いありません。でも実際、どのような作用で虫歯に強い歯を作ってくれるのでしょうか。

 

  1. フッ素は歯の再石灰化を促す

 

フッ素には、歯の再石灰化を促す作用が期待できます。歯の再石灰化というのは、歯が酸などの刺激によって脱灰(だっかい)した際に、それを元に戻す作用です。さらに簡単にいうと、溶けた歯質を元に戻す作用と表現することができます。実は、私たちの歯というのは、何かを飲んだり、食べたりするたびに、歯の脱灰現象が起こっていますので、それを元に戻す再石灰化というのは歯を守る上で非常に重要といえるのです。

 

  1. フッ素は歯質を強化する

 

フッ素には、歯質を強化する作用が期待できます。これはフッ素がフルオロアパタイトという物質を作るためです。本来、私たちの歯は、再石灰化が起こる際にハイドロキシアパタイトという物質が作られますが、そこにフッ素が入り込むことで、より強いフルオロアパタイトという物質を作ってくれるのです。これが一般的に言われている歯質強化の作用です。

 

  1. 歯科医院で塗るフッ素が一番効果的?

 

歯科医院では、フッ化物の歯面塗布という処置を行えます。これは歯磨き粉に配合されているよりも何倍も濃いフッ素ジェルによって歯を強くする処置です。そのため、虫歯予防の効果も非常に高いといえます。様々なフッ化物の応用法の中でも、再石灰化を促す作用や歯質を強化する作用は最高水準といえます。

 

  1. まとめ

 

このように、フッ素には脱灰した歯を元に戻す再石灰化作用や歯質を強化する作用が期待できますので、虫歯予防を徹底したい人は、歯科医院でフッ素を塗ってみてはいかがでしょうか。定期的に塗ることで、虫歯の予防効果も格段に上がります。もちろん、フッ素入りの歯磨き粉を毎日使うだけでも、それなりの効果が期待できます。

イーマックスインレーについて

2019.05.01(水)

皆さんは「イーマックスインレー」というものをご存知でしょうか。審美歯科で人気のある補綴物で、治療を希望される患者さんが年々増加しています。ここではそんなイーマックスインレーについて詳しく解説します。

 

  1. インレーとは?

 

インレーとは、いわゆる「詰め物」のことです。虫歯によって歯の一部に穴が開いてしまった場合に装着する補綴物で、クラウン(被せ物)ほど大きくはありません。そんなインレーは、保険診療だと金属で作られることが多いですが、審美性や機能性の面から、より良い治療を望まれる患者さんがいらっしゃいます。そこですすめられるのがイーマックスインレーです。

 

  1. イーマックスインレーとは?

 

イーマックスインレーとは、ざっくりいうとセラミック製のインレーです。セラミックは天然歯の色や質感に非常に似ているため、審美領域の治療では重宝されている材料です。そんなセラミックの中でもさらに審美性が高い材料を使用したのがイーマックスインレーです。見た目が極めて美しく、透明度も高いため、仕上がりは天然歯と見間違えるほどです。

 

  1. ジルコニアとの違い

 

審美領域での被せ物治療で用いられる材料に、ジルコニアというものがあります。こちらも審美性や耐久性などが非常に高く、最高水準の補綴材料とされているのですが、難点は費用も高くなってしまうという点です。イーマックスインレーは、ほぼ同様の機能を兼ね備えながら、ジルコニアよりも治療費を安く抑えることができます。それだけに、人気が高まりつつある補綴物なのでしょう。

 

  1. まとめ

 

このように、イーマックスインレーは非常に優れた補綴物です。ジルコニアやその他のセラミック材料との詳細な違いや適応などについては歯科医師に直接お伺いください!

歯科治療における金属アレルギーとは何か?

2019.04.24(水)

歯科治療を受けることで、しばしば金属アレルギーを発症する患者さんがいらっしゃいます。まさか歯科治療が原因だとは思わない方が大半で、パッチテストなどで調べてみた結果、口腔内に装着している銀歯などがアレルゲンとなっているケースも稀にあるのです。ここではそんな歯科治療における金属アレルギーについて詳しく解説します。

 

  1. 金属アレルギーとは

 

金属アレルギーとは、ある特定の金属に触れることで、皮膚や粘膜に異常が生じる病態です。最も一般的な金属アレルギーは、指輪やネックレス、ピアスといった金属製の装飾品によって引き起こされるケースです。おそらく皆さんの身の回りにも、そうした金属アレルギーを発症した方がいらっしゃるのではないでしょうか。そして昨今、歯科治療に用いられる金属も金属アレルギーの原因になっていることがわかってきました。

 

  1. 金属の詰め物や被せ物は要注意

 

今現在、金属アレルギーの症状に悩まされていて、お口の中に銀歯などが入っている場合は要注意です。保険診療で作られる詰め物や被せ物は、銀合金などが使われているため、金属アレルギーの原因となることが多いからです。それらが金属アレルギーの原因となっている場合は、別の材料に置き換えることをおすすめします。

 

  1. セラミックなら金属アレルギーのリスクがゼロ

 

金属製の詰め物や被せ物がアレルゲンとなっている場合は、セラミックのものに置き換えることをおすすめします。セラミックなら金属アレルギーのリスクがゼロですし、審美性や機能性も非常に高くなります。耐久性も高いため、長く使い続けることもできます。

 

  1. まとめ

 

このように、保険診療で作った銀歯などは、体質によってはアレルゲンとなる可能性があるため、事前にパッチテストなどを受けておくと良いかもしれません。もしも金属アレルギーが見つかったら、始めからセラミックなどのメタルフリー治療を受けた方が経済的にも身体的にもメリットが大きくなることもあります。

日本と国外の予防歯科への認識の差

2019.04.17(水)

日本人は、歯医者嫌いが多い国と言われています。それは海外と比べると顕著です。なぜなら、アメリカやヨーロッパでは、虫歯や歯周病への予防意識が高く、積極的に歯科医院へ通っているからです。むしろ、「歯医者好き」な人が多いといえるでしょう。ここではそんな予防歯科を始めとした歯科治療への認識の差について、欧米との比較で詳しく解説します。

 

  1. 歯医者は痛くなってから行くもの

 

日本人は基本的に「歯医者は痛くなってから行くもの」と考える方が多い傾向にあります。もちろん、最近では予防意識の高い方も増えてきて、定期検診を欠かさない人もいらっしゃいますが全体的な傾向としてはやはり、歯医者との距離が遠いといえます。これはとても残念なことです。一方、欧米では歯の定期検診というのは一般的な習慣で、「歯医者は痛くなる前に行くもの」という認識の人が大半といえるでしょう。

 

  1. フロスや歯間ブラシの使用率の違い

 

虫歯や歯周病を予防する上で、歯磨きは絶対に欠かすことのできないものですが、同時に、フロスや歯間ブラシの活用もある意味で必須といえます。なぜなら、歯と歯の間の汚れというのは、歯ブラシで落とすことが難しいからです。欧米の人たちはそれをしっかり理解しているので、毎日の歯磨きでは歯ブラシだけでなくフロスや歯間ブラシといった清掃補助器具も活用している人が多いです。

 

  1. フッ化物の応用

 

フッ素は歯質を強化してくれるため、予防歯科でもいろいろな場面で活用されています。最も一般的なところでは、フッ素入りの歯磨き粉ですね。これは日本人の多くも使用していますので、欧米との差はあまりないといえますが、歯科医院で受けるフッ化物の歯面塗布はどうでしょうか。歯科医師などの専門家でなければ取り扱えない高濃度のフッ素を使用することも可能で、歯質を強くする作用はフッ素入り歯磨き粉よりも高いです。そんなフッ化物の歯面塗布は、欧米では一般的となっていますが、日本人で定期的に受けている人は、それほど多くありません。

 

  1. まとめ

 

このように、予防歯科への意識に関して、日本人と国外を比べると、色々な点で違いがあることがわかります。日本人の予防歯科への意識がもう少し高まると、虫歯や歯周病にかかる人の数も減るのではないでしょうか。

 

鶴岡歯科医院では非常に多くの患者様に定期的にメインテナンスに通って頂いております。スタッフ・患者様共に本気で予防に取り組む歯科医院として、これほど嬉しいことはありません。これからも個々のお口に合わせた予防プランをご提案して参ります。

残存歯と生涯医療費の関連性

2019.04.10(水)

皆さんは「残存歯(ざんぞんし)」という言葉をご存知でしょうか。専門的な用語であるため、あまりピンと来ない方も多いかもしれませんが、お口の健康を考える上で非常に重要となるものですので、詳しく知っておいて頂くことが大切です。ここではそんな残存歯と、生涯医療費の関連性について解説します。

 

  1. 残存歯とは

 

残存歯とは、お口の中に残っている歯のことを意味します。つまり、虫歯や歯周病などで抜け落ちてしまった歯ではなく、顎の骨に埋まっていて、お口の中に存在している歯を指しています。この残存歯というのは、多ければ多い方が良いというのは、何となく予想がつきますよね。残存歯が多ければ、それだけ噛み合う歯も多くなるため、咀嚼能率も上がるからです。逆に、残存歯が少なくなればなるほど、失った歯の部分をブリッジや入れ歯などで補う必要が出てくるため、咀嚼能率が落ちたり、沢山のお金がかかったりします。そこで注目したいのが残存歯と生涯にかかる医療費の額です。

 

  1. 残存歯が多いほど生涯医療費は安く済む

 

歯科に関する医療費というのは、生涯を通じると意外に大きな金額になるものです。若い頃は虫歯治療や定期検診くらいにしかお金がかかりませんが、年をとって残存歯が減っていくほど、1回の治療費も高額になっていきます。それは残存歯の数が減れば減るほど、顕著になっていきます。例えば、すべての歯を失ったら、残存歯はゼロとなりますので、欠損部をすべて補綴物で補わなければならなくなります。さらに、歯が減ることで咀嚼能率が落ち、食事量も減っていきます。その結果、十分な栄養を取れなくなり、ケガや病気をしやすい体になってしまうのです。すると、内科や外科などに通う頻度も高まり、生涯医療費も膨れ上がっていくのです。

 

  1. まとめ

 

このように、残存歯と生涯医療費というのは、一見すると全く関係のないもののように思えますが実は深い関係があるのです。オーラルケアをしっかりと行うことで、残存歯を増やし、丈夫な歯や顎、体を作っていきましょう。そうすることで、生涯医療費を抑えることにもつながります。

1 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19