ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院 まで

  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・電話
  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・メニュー

記事一覧

誤嚥に気をつけたい食べ物について

2021.03.10(水)

昨今、誤嚥性肺炎を発症する高齢の方が増えてきています。口腔衛生状態とも関連の深い病気なので、オーラルケアには十分注意したいものです。さらに、食生活にも気を配ることで、誤嚥を防止することにもつながります。今回はそんな誤嚥に気をつけたい食べ物についてわかりやすく解説します。

 

▼口の中に貼りつきやすいもの

 

お口の粘膜やのどの奥に貼りつきやすいものは、誤嚥しやすい食べ物といえます。最もわかりやすいのは「焼きのり」や「わかめ」ですね。これらは若い人でもそうですが、お口の中が乾燥しがちな高齢の方ではとくに貼りつきやすい食品です。飲み込んだあとに喉の奥で停滞していると、誤って気管に入ってしまうことがあります。

 

▼水分が少ないもの

 

ジャガイモやサツマイモ、ゆでたまごといった水分の少ない食べ物も誤嚥しやすいです。飲み込んでもスムーズに流れていかないことから、何かの拍子に気管へと入ってしまう場合があります。

 

▼噛み切りにくいもの

 

こんにゃくやきのこ、イカのように、なかなか噛み切ることができない食べ物も誤嚥を誘発します。とりわけ、残った歯の数が少なかったり、咀嚼能力が低下していたりする高齢の方は注意が必要です。

 

▼口の中で粉々になるもの

 

ピーナッツなどの豆類やひき肉などは、咀嚼していく中で粉々になっていきますよね。そういった食品は、誤嚥を誘発するので注意しましょう。日頃から誤嚥が目立つ人は、飲み込みやすい食べ物を優先して摂取することが大切です。

 

▼まとめ

 

このように、誤嚥しやすい食べ物には、わかりやすい特徴がありますので、上記の内容を参考にしてください。料理にとろみをつけたり、水分量を多くしたりすることで、誤嚥を防止することも可能です。いずれにせよ、誤嚥が心配になる方は当院までご相談ください。歯医者さんは摂食嚥下の専門家でもあるので、有効なアドバイスができることかと思います。適切な歯科処置を施すことで、誤嚥しにくい口腔環境を築くこともできます。

 

咀嚼能力に関する検査についても、当院で実施可能です。

まずはお気軽にお問合せください。

咀嚼能力と健康余命・平均余命の関係

2021.02.24(水)

私たちの歯は、口元の審美性を左右したり、発声に関与したりと、さまざまな機能を担っています。その中でも一番重要なのは、やはり「咀嚼機能」です。歯の健康を保つことで、適切な咀嚼能力も維持され、健康余命や平均余命にも良い影響を与えます。今回はそんな咀嚼能力と健康余命・平均余命の関係についてわかりやすく解説します。

 

▼偏りのない食習慣

 

自分の歯でしっかり噛めるということは、いろいろな食材を摂取できることを意味します。硬いものから軟らかいもの、あるいは噛みにくいものまで、幅広い食品を口にすることができます。その結果、偏りのない食習慣を身に付けることができるのです。

 

▼唾液の分泌が促進される

 

咀嚼能力が高いと、効率良く食べ物を噛むことができ、唾液の分泌も促されます。そうすると、唾液による抗菌作用や殺菌作用、自浄作用などが発揮され、細菌感染症にかかりにくくなるのです。具体的には、むし歯や歯周病だけでなく、風邪やインフルエンザなどの発症リスクも抑えることにつながります。

 

▼嚥下機能も正常に保たれる

 

私たちが食べ物を飲み込む時には、舌や口腔周囲の筋肉などが連携します。咀嚼能力が高いと、これらの筋肉も良く働き、食べ物を飲み込む機能も正常に保たれます。その結果、誤嚥性肺炎などの重篤な病気を予防できるのです。さらには、よく咀嚼することで、胃腸への負担が減り、栄養素も効率良く摂取できるようになります。

 

▼咀嚼能力の維持による健康余命・平均余命の延長

 

上述したように、咀嚼能力が正常に維持されると、お口だけなく全身の健康維持・増進にも役立ちます。これはそのまま健康余命・平均余命の延長にもつながっていくのです。

 

▼まとめ

 

このように、歯を健康に保ち、正常な咀嚼能力を維持することで、健康余命・平均余命は延長されますので、日頃から、口腔ケアには十分に配慮しましょう。むし歯や歯周病を予防することは、全身の健康にも良い影響を与えるのです。当院では咀嚼能力に関する検査や舌圧の検査を実施しています。自分のお口の機能の回復も含めた定期健診を当院で受けてみませんか?

歯槽膿漏と歯周病の違いとは?

2021.02.10(水)

テレビやネットなどで、歯槽膿漏(しそうのうろう)という言葉をよく見聞きしますよね。歯茎の病気であることはすぐわかると思いますが、歯周病とはどのように違うのか気になるところかと思います。そこで今回は歯槽膿漏と歯周病の違いをわかりやすく解説します。

 

▼歯周病とは?

 

歯周病とは、歯茎や歯根膜、歯槽骨といった歯周組織に生じる炎症性疾患の総称です。歯周病は病気の進行度によって、歯肉炎と歯周炎の2つに分けることができます。冒頭でも述べた歯槽膿漏は、このうちの歯周炎のひとつの症状を表しているのです。

 

▼歯槽膿漏は歯周炎の症状のひとつ

 

歯肉炎は、歯茎である歯肉(しにく)に炎症反応が限定されている段階です。一方、歯周炎は歯根膜や歯槽骨にまで炎症が広がり、症状も重症化しています。そして、歯茎に膿の塊が生じたり、そこから膿が漏れ出てきたりする症状を歯槽膿漏と呼んでいるのです。そのため、歯槽膿漏は重症化した歯周病のひとつの症状と表現することが正しいといえます。

 

▼軽度の歯周病との違い

 

軽度の歯周病では、歯茎に膿が溜まるようなことがなく、基本的な治療で症状を改善することが可能です。一方、重症化した歯周病である歯槽膿漏は、基本的な治療だけでは改善できないことも多々あります。すでに形成されてしまった深い歯周ポケットを除去するために、外科処置が必要となることもあります。細菌の活動が活発化していることもあり、抗菌薬を投与する場合もあります。いずれにせよ、できるだけ早期に治療を開始することが重要です。

 

▼まとめ

 

このように、歯槽膿漏は歯周病の一種であり、大まかにいえば違いがあるわけではありません。厳密にいえば、重症化した歯周病である歯周炎のひとつと症状といえます。歯肉炎との違いも踏まえ、その特徴についてはしっかり理解しておきましょう。当院では、薬を使った歯周病治療など様々な治療方法をご用意しております。歯茎に違和感を感じたら、当院までご連絡ください。

歯科医院での滅菌の方法とは?

2021.01.27(水)

歯科医院の治療では、いろいろな器具を使用します。どれもお口というデリケートな部分に触れるものなので、衛生面に不安を感じている方は少なくないことでしょう。とくにコロナ禍においては、院内感染のリスクをしっておきたいことかと思います。そこで今回は、歯科医院での滅菌の方法についてわかりやすく解説します。

 

▼滅菌済みの器具のみを使用

 

始めに、歯科診療で使用する器具はすべて「滅菌済み」であることを知っておいてください。デンタルミラーやピンセット、それから歯を削るためのバーやタービン至るまで、使用後にはすべて滅菌処理されています。実際、ユニットチェアに座った際には、滅菌パックされた器具が並んでいますよね。重要なのは、滅菌の方法です。

 

▼すべての病原体を死滅させる滅菌器

 

当院でも採用している滅菌器は、細菌やウイルスなど、すべての病原体を死滅させることが可能です。そのため、むし歯菌や歯周病菌だけでなく、新型コロナウイルスもきれいに取り除くことができます。ちなみに、歯を削るためのタービンは、少し複雑な構造をしていることから、専用の滅菌器を使用しています。つまり、次の患者さまに使用する時には、無菌状態が保たれているのです。

 

▼滅菌できないものはディスポーザブル(使い捨て)

 

患者さまがうがいするためのコップやエプロン、スタッフが装着するマスクや医療用手袋は、滅菌することができないので使い捨てのディスポーザブル品を活用しております。基本的には、患者さまごとに交換しておりますので、極めて清潔です。

 

▼まとめ

 

このように、歯科診療で使用する器具の滅菌というのは、しっかりした方法が確立されています。当院では、コロナ以前からこのような感染予防対策を徹底しておりますので、安心して治療を受けることができますよ。お口の中のことでお困りの際は、いつでもお気軽に当院までご連絡ください。安心できる環境で、最善といえる治療を実施いたします。

消毒・殺菌・滅菌・除菌の違いとは?

2021.01.13(水)

新型コロナウイルスの影響で、衛生管理への関心が急速に高まりつつあります。自分や家族の健康のために、感染予防策を積極的に講じることはとても良いといえます。ただ、衛生に関する用語には、少し難しいものも含まれていますよね。例えば、消毒・殺菌・滅菌・除菌などは、その違いについてしっかり把握している人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、消毒・殺菌・滅菌・除菌の違いについて、わかりやすく解説します。

 

▼殺菌とは?

 

殺菌とは、文字通り細菌をはじめとした病原体を殺す処置を指します。細かく分けると、「滅菌」と「消毒」の2種類があります。まず滅菌についてですが、これは細菌や真菌、ウイルスなどを完全に殺す処置を意味します。医療用品には「滅菌パック」されたものがありますが、それらには一切の微生物が存在していません。

 

一方、「消毒」というのは、滅菌と同様に細菌を殺す処置なのですが、病原体を完全に除去するわけではありません。例えば、テーブルの上を消毒剤できれいにしても、ウイルスや細菌は一定数残ります。ですから、滅菌と比べると感染予防効果は大きく低下することとなります。

 

▼除菌とは?

 

衛生管理の中ではもう一つ「除菌」という言葉がありますが、これは殺菌や滅菌、消毒とは大きく意味が異なるということを知っておいてください。というのも、殺菌や滅菌、消毒では、細菌を殺すための薬剤などを使用しますが、除菌では用いません。テーブルの上の汚れを付近で取り除く、といったらわかりやすいかもしれませんね。細菌やウイルスを殺すことが目的ではなく、あくまで物理的に取り除くのが「除菌」です。

 

▼まとめ

 

このように、衛生管理では細菌を殺す(殺菌)目的で行う「滅菌」「消毒」と物理的に排除する「除菌」とがあります。その違いしっかり把握しておくことで、より効率的に新型コロナウイルスへの対策を講じることができるかと思います。当院では、滅菌した器具を使用して患者様の治療にあたっていますので、安心して治療やメンテナンスにお越しください。

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 33