ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院 まで

  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・電話
  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・メニュー

記事

着色しやすい食べ物について

2022.07.27(水)

■着色しやすい食べ物について

 

歯は本来、白さと透明感を兼ね備えたエナメル質に覆われていますが、さまざまな理由で着色が起こり、黄ばんでいきます。とくに食事に関しては、歯の着色の原因となりやすいため十分に注意する必要があります。そこで今回は、歯の着色が起こりやすい食べ物についてかんたんにご紹介します。

 

▼色の濃い飲み物

 

コーヒーや紅茶、赤ワインなど、見るからに色の濃いものは、歯の着色の原因になりやすいです。しかもこれらは習慣的に飲むことが多く、歯の表面にステインとして定着しやすいです。同じワインでも白ワインは着色が起こりにくいのですが、それは着色性の成分がほとんど含まれていないからです。

 

▼色の濃い食べ物

 

カレーや中華料理、チョコレートといった色の濃い食べ物も歯の着色の原因になりやすいです。理由は色の濃い飲み物と同様、着色性の成分が歯質に沈着するからです。醤油やソースなどの調味料でも歯の着色は起こります。

 

▼粘性の高い食品に要注意

 

色が濃いだけでなく、粘着性も高い食品には十分注意する必要があります。これらは歯の表面にこびりついてしまうため、より一層、歯の着色を促進します。具体的には、チョコレートやキャラメルなどが挙げられます。この時点でもう気付いている方も多いかもしれませんが、これらの食品は着色の原因になることに加え、虫歯のリスクも大きく上昇させることになります。つまり、二重の意味で注意が必要な食品といえるのです。

 

▼着色を予防・改善する方法

 

歯の着色を予防するのであれば、上述した食品の摂取をできるだけ控えるようにしましょう。もうすでに着色してしまった歯は、歯科医院で受けるクリーニングやホワイトニングで改善することが可能です。

 

▼まとめ

 

このように、食品の中には着色を促すものが多々ありますので、歯の黄ばみが気になる方は、まず食習慣を見直すことから始めましょう。着色した歯の色の改善なら、当院までご相談ください。