ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院 まで

  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・電話
  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・メニュー

記事

バイオフィルムとは何か?

2022.04.20(水)

■バイオフィルムとは何か?

皆さんはバイオフィルムという言葉をご存知ですか?歯垢や歯石と同じように、お口の中に生じる汚れの一種ですが、その性質についてはあまり知らない人が多いかと思います。そこで今回はバイオフィルムについてわかりやすく解説します。

 

▼歯の表面に生じる膜

 

バイオフィルムは、歯の表面に形成される薄い膜です。といっても、歯垢や歯石のように肉眼で確認できるものではありません。透明な薄い膜なので、害を及ぼすようなものには思えませんが、実際は有害です。なぜなら、バイオフィルムはおびただしい数の細菌によって構成されているからです。

 

▼歯垢の形成を促す作用がある

 

歯の表面が清潔でツルツルだと、歯垢の形成は抑制されます。歯のクリーニングがむし歯予防に役立つのはそのためです。一方、バイオフィルムに覆われた歯には歯垢が形成されやすいことから、自ずとむし歯や歯周病のリスクが高まります。そういう意味でバイオフィルムは有害な膜といえるのです。

 

▼バイオフィルムは歯ブラシで取り除けない?

 

バイオフィルムは、歯ブラシによるブラッシングできれいに取り除くのは困難です。もちろん、研磨剤入りの歯磨き粉を使って長時間ゴシゴシと磨いていれば、それなりに取り除くことはできますが、歯が傷ついてしまうため要注意です。そこでおすすめしたいのが歯科医院で受ける歯のクリーニングです。歯のクリーニングであるPMTCなら、バイオフィルムを安全な形できれいに取り除けます。定期的にバイオフィルムを一層することで、細菌が繁殖しにくい衛生的な口腔環境を築くことができます。

 

▼まとめ

 

このように、バイオフィルムは無数の細菌から構成される膜状の汚れです。歯垢や歯石の形成を促すため、定期的に一掃する必要があります。歯磨きしても表面がヌメヌメとしているようであれば、当院までお越しください。歯のクリーニングでバイオフィルムを取り除き、ツルツルな歯面に仕上げます。