ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

フロスと歯間ブラシはどっちが自分に合っているのか?

2022.01.12(水)

■フロスと歯間ブラシはどっちが自分に合っているのか?

 

毎日プラークフリーな状態を作るためには、歯ブラシによるブラッシングに加え、デンタルフロスや歯間ブラシを活用する必要があります。専門的には補助的清掃器具と呼ばれるもので、どちらを使ったら良いか迷っている人も少なくないことでしょう。そこで今回は、デンタルフロスと歯間ブラシの違いと、それぞれ適したケースについてわかりやすく解説します。

 

歯と歯の間の距離が短い人

 

隣り合っている歯の距離が短い人には、デンタルフロスが合っています。デンタルフロスは糸のように細い器具であり、どちらかというと若い人向けです。歯と歯の間の距離は歯周病や加齢によって広がっていくことから、若い人は比較的短い傾向にあるからです。そのため、まずはデンタルフロスを使ってみて、やや抵抗を持って挿入できる程度の歯間距離なら、歯間ブラシを使う必要はありません。そのままデンタルフロスの使用を続けましょう。その程度の歯間距離では、そもそも歯間ブラシを挿入することが難しいです。

 

歯と歯の間の距離が長い人

 

歯間距離が比較的長い場合は、歯間ブラシが向いています。糸のように細いデンタルフロスでは、効率良く汚れを落とせないため、文字通りブラシが付随している歯間ブラシが有効です。こちらはどちらかというと年配の方向けの器具といえます。ただ、若い人でも歯並びの状態によっては歯間距離が長くなっていることもあるため、必ずしも年齢できるわけではありません。どちらが自分に合っているかは、実際に器具を使用してみて判断しましょう。

 

まとめ

 

このように、デンタルフロスと歯間ブラシは、歯と歯の間の距離で使用する器具を選ぶのが良いです。どちらが自分に向いているかわからないという方は、いつでも当院までご相談ください。患者さまの歯列の状態をしっかり見極めた上で、最善といえるケア用品をご提案します。デンタルフロスや歯間ブラシの使用方法についても詳しくご説明します。