ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

舌ブラシは使うべき?その効果や使用方法を解説

2021.10.20(水)

■舌ブラシは使うべき?その効果や使用方法を解説

 

口腔ケアへの関心が高まっている昨今、歯ブラシ以外にもデンタルフロスや歯間ブラシを活用している人が増えてきました。それぞれの器具で取り除ける汚れも異なるため、複数のケア用品を使い分けることはとても良いことです。ただ、「舌ブラシ」まで使うべきかどうかは悩みどころですよね。

 

舌ブラシとは

 

舌ブラシとは、文字通り舌をブラッシングするための器具です。ドラッグストアや薬局などで手軽に手に入り、いろいろな形態の商品が販売されています。舌ブラシのバリエーションが豊富になったのも利用者が増えている証拠です。実際、舌ブラシは多くの人が使用していますし、口腔ケアに採り入れることはとても良いことです。

 

舌の表面にも汚れはたまる

 

舌ブラシの使用を検討している方は、まず手鏡でご自身の舌の表面を観察してみてください。舌苔(ぜったい)と呼ばれる白いコケのような汚れが目立つのであれば、舌ブラシを使用しましょう。舌苔はプラークとほぼ同じ成分から構成されており、そこには無数の細菌が潜んでいます。舌苔が口臭の原因になりやすいのもそのためです。

 

舌ブラシの使い方

 

舌ブラシは、舌の奥から手前に引くように取り扱ってください。手前から奥に動かすと、雑菌を喉へと押し込んでしまいます。ブラッシング圧は、やさしめが良いです。ゴシゴシと強圧で磨くと、舌の表面を傷つけてしまうため十分注意しましょう。やさしく、ゆっくりと動かして、舌の汚れを取り除いてください。

 

まとめ

 

このように、舌の表面の汚れを落とす上で、舌ブラシは有用です。歯磨きの延長で歯ブラシを使う人もいますが、舌の清掃には向いていません。歯ブラシは、粘膜をお掃除するには硬すぎるのです。また、形も舌を清掃するのに適しておりませんので、舌のお掃除は舌ブラシを使うようにしてください。舌ブラシの使用を習慣化すれば、口臭も発生しにくくなります。

当院では、患者様一人ひとりにあった歯ブラシや舌ブラシ・歯磨き粉を提案しております。担当の衛生士がお口の状況を把握させていただき、ご提案いたします。