ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

マウスピース矯正とワイヤー矯正の違い

2021.06.15(火)

■マウスピース矯正とワイヤー矯正の違い

 

歯並びを細かく整える“歯列矯正”は、マウスピース矯正とワイヤー矯正の2つに大きく分けることができます。今現在、矯正を検討中の方は、どちらの治療法が優れているのか、知りたいことかと思います。そこで今回はマウスピース矯正とワイヤー矯正の違いについてかんたんに解説します。

 

▼使用する装置の違い

 

マウスピース矯正とワイヤー矯正では、使用する装置に違いがあります。マウスピース矯正は文字通りマウスピース型の装置を使い、ワイヤー矯正は金属製のワイヤーとブラケットを使って歯並びを整えます。つまり、この2つの矯正法というのは、治療方法が根本から異なっているといえるのです。

 

▼装置の見え方の違い

 

マウスピース型矯正は、透明な薄型のマウスピースを使用することから、装置が目立つことはありません。よほど近い距離でしっかり観察しなければ、矯正中であることに気付かれにくいです。一方、一般的なワイヤー矯正では金属製のワイヤーとマルチブラケットを歯列の表側に設置することから、一目で矯正中であることがわかります。

 

▼適応症の違い

 

ワイヤー矯正は、比較的強い力で歯を移動させることができ、ほとんどの歯並びに適応することができます。3次元的な歯の移動を得意としている点もワイヤー矯正の強みです。もちろん、マウスピース矯正もさまざまな症例に対応できるのですが、ワイヤー矯正ほど適応範囲が広くありません。歯を移動させる際にかけられる力も比較的弱くなっています。その分、矯正に伴う痛みや不快感も少ないというメリットがマウスピース矯正にはあります。

 

▼まとめ

 

このように、マウスピース矯正とワイヤー矯正にはたくさんの違いがありますので、上述した内容を参考にして、治療法を検討してみてください。それぞれの矯正法の特徴についてさらに詳しく知りたい方は、いつでもお気軽に当院までご連絡ください。

歯並びの状態によってはマウスピース矯正では治療できないこともありますので、当院の矯正医が診断いたします。