ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

子どもの虫歯予防のシーラントとは?

2021.05.19(水)

子どもむし歯を予防するのであれば、正しい歯磨き習慣を身に付けるのが第一です。それに加えて、シーラントを実施することで、むし歯の予防効果はさらに高まります。今回はそんな子どものむし歯予防のシーラントについてわかりやすく解説します。

 

▼子どもの奥歯はむし歯になりやすい

 

ひと言で歯といっても、生えている場所や形、機能によっていくつかの種類に分けることができます。例えば乳歯の奥歯である「乳臼歯(にゅうきゅうし)」は、噛む部分に複雑な溝があるという特徴を持っています。この溝は、大人の奥歯よりも複雑で食べかすやプラークなどがたまりやすくなっています。そこで有用なのがシーラントです。

 

▼シーラントで奥歯の溝を埋める

 

シーラントは、歯科用のプラスチックであるレジンで、奥歯の溝を埋める処置です。ジェル状のシーラントを奥歯の溝に流し込み、光で硬化させます。そうすると、子どもの奥歯の表面が滑沢になり、食べかすやプラークが溜まりにくくなるのです。その結果、むし歯のリスクが大きく減少します。

 

▼生えたばかりの永久歯にも使える

 

6歳くらいに生えてくる第一大臼歯も、生えて間もない頃はむし歯のリスクが高くなっています。乳臼歯と同様、噛む部分の溝が複雑だったり、歯質が未成熟だったりするためです。そうした未成熟な永久歯に対しても、シーラントを実施して、むし歯予防につなげることがあります。いずれにせよ、小さなお子さまが受ける処置ですが、ケースによっては大人になってからでも受けることができます。

 

▼まとめ

 

このように、乳歯の奥歯や生えたばかりの永久歯には、シーラントによるむし歯予防が効果的です。歯を削る必要がなく、施術に痛みも伴いませんので、小さなお子さまでも気軽に受けることができますよ。当院までお越しいただければ、フッ化物の歯面塗布やブラッシング指導だけでなく、シーラントによるむし歯予防も受けることができます。

お子様のお口のことで気になることがあれば、遠慮なくご連絡ください。