ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

口腔外バキュームを使用するメリットとは?

2020.09.23(水)

皆さんは「口腔外バキューム」という機械をご存知でしょうか?一般の歯科医院では設置されていないことも多いので、初めて耳にするという方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、鶴岡歯科医院でも導入している口腔外バキュームについてわかりやすく解説します。

 

▼口腔外バキュームとは?

 

歯科治療で使用するバキュームといえば「口腔内バキューム」ですよね。むし歯治療で歯を削る際に、歯の切削片や唾液などを吸い込むあの器具です。歯科医院のユニットに必ず設置されているので、見たことがない人はいらっしゃらないことでしょう。一方、口腔外バキュームはその名の通り、お口の外に設置されている機械で、かなり大型です。スイッチを入れると音が鳴り響きます。その分、ゴミなどを吸引する力も強くなっています。

 

▼唾液や血液の飛散を防ぐ

 

歯を切削したり、超音波スケーラーで歯石を除去したりする際には、想像以上に粉塵が飛散します。その中には歯の切削片だけでなく、血液などの感染源も含まれていることから、できる限り飛散を防ぐのが感染予防において重要となります。口腔外バキュームを使用すれば、治療中に飛び散った唾液や血液を瞬時に吸い込むことができるので、院内感染のリスクも大きく減少します。

 

▼細菌やウイルスも吸引できる

 

コロナ禍において、不要不急の診療を控えている方もいらっしゃいますよね。とくに、歯科医院はお口の治療がメインとなることから、院内感染のリスクも高いように思えます。けれども、実際はそんなことはありません。歯科医院は治療の性質上、コロナ以前から感染防止策を徹底しています。とりわけ当院のように、口腔外バキュームや高品質な滅菌器、ポセイドンと呼ばれる除菌システムまで導入している歯科医院であれば、院内感染のリスクが極めて低いといえます。ちなみに、口腔外バキュームは細菌やウイルスまで吸引できます。

 

▼まとめ

 

このように、口腔外バキュームを使用することで、院内感染をさらに徹底することが可能です。当院では各チェアに口腔外バキュームを設置しており、感染対策を徹底しております。

安心して当院にお越しください。