ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

マウスピース矯正とはどのような矯正治療なのか

2020.05.13(水)

マウスピース矯正は、目立ちにくい矯正治療として有名ですが、その中でも最もポピュラーなものに「インビザライン」というものがあります。矯正治療を検討されている方であれば、一度は耳にしたことがある矯正法ですよね。今回はそんなインビザラインがどのような矯正治療なのかわかりやすく説明します。

▼インビザラインとは?

インビザラインとは、透明な樹脂製「アライナー」と呼ばれるマウスピースを用いた矯正法です。アライナーは、2週間に1回の頻度で交換し、少しずつ歯並びを整えていきます。取り外しが可能で、見た目も気にならないことから、世界中でも広く使われているマウスピース型矯正です。

▼治療完了までの過程をCGで確認できる

インビザラインでは、口腔内をスキャンして歯並びなどの三次元データをコンピューターに取り込みます。その情報を元に治療計画を立て、施術の開始から完了までのプロセスもシミュレーションすることが可能となっております。ですから、治療を始める前の段階で、自分の歯がどのように移動していくのかを視覚的に確認することができるのです。

▼痛みや不快感が少ない矯正法

インビザラインでは、比較的弱い力でゆるやかに歯を移動していくことから、治療に伴う痛みも少なくなっております。また、装置が滑らかで装着感が良く、治療期間中のストレスも最小限に抑えることが可能です。

▼周囲に気付かれずに歯並びを改善したい方へ

インビザラインであれば、一般的なワイヤー矯正に伴うデメリットの多くを解消することができます。とくに、目立ちにくいという特性は、周囲に気付かれずに歯並びを改善したい方にとって何よりも大きなメリットといえます。

▼まとめ

このように、インビザラインは目立ちにくく、装着感も良好で取り外し可能な矯正法であることから、急速に人気が高まっているマウスピース矯正となっています。具体的な費用や治療期間などについても知りたい方は、お気軽に鶴岡歯科医院までお越しください。「日本矯正歯科学会認定医」が無料で矯正相談を行っております。