ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

歯医者とコロナウイルス。 今、歯科が行わなければならないこと。

2020.05.04(月)

緊急事態宣言が延長となりました。

私達、国民1人1人のコロナウイルスとの戦いは、

いましばらく続きます。

歯科医療は細菌やウイルスとの戦いが主な仕事と言っても過言ではありません。そのため以前より細菌感染やウイルス感染の対策を最重要項目と位置付けて徹底した感染予防策を講じてきた歴史があります。

昨今では、マスコミ報道などにより、
感染リスクの高い職業として歯科医師、歯科衛生士などが挙げられていますが、歯科医療従事者からすると、細菌やウイルスとの戦いは今に始まったことではありませんので、十分な対策が出来ている歯科医院が殆どだと思います。それは来院される患者さんに対してもです。

 

当院に於いても、スタンダードプリコーションの徹底や個人用保護具の使用、口腔外バキュームによる飛沫感染対策だけでなく、

光触媒・抗菌触媒・三元触媒を用いて診療ユニットやドアノブ、壁、手すり、診療機材や天井に至るまで院内全てを抗菌コーティングすることで、

表面に付着した細菌やウイルスが瞬時に不活化され、接触感染と空気感染の対策を行っております。

 

 

そういった歯科医療従事者の対策により幸いにして我が国では、新型コロナウイルスが歯科治療行為により患者さんへ感染した報告は1例もありません。

しかし今、我々 歯科医療従事者が危惧してるのは、感染対策だけではありません。

それは、歯科治療の不適切な中断や延期、

歯周病の定期管理の中断や延期による健康被害です。

 

歯科診療の不適切な中断は、口腔衛生状態の低下を招き、免疫力の低下や細菌性肺炎のリスクを高める恐れがあります。

さらには新型コロナウイルス性肺炎に罹患した際に、重症化しやすいことが知られています。

歯周病の定期管理を行っている方の口腔環境の悪化は特に肺炎重症化のリスクを高めます。

 

 

今は、誰もが新型コロナウイルス感染症にかかる可能性がある時だからこそ、

 

命を守るためにも、口腔ケアが大事であると言えます。

 


歯科診療は「生命を守る」医療行為です。

 

診療の継続・延期、メインテナンスの継続・延期
など、患者さんがご自身での判断をなさらずに、

かかりつけ歯科医に必ずご相談ください。

その上で、診療やメインテナンスの最適な時期を伝えてもらうようになさってください。

来院が困難な場合、電話などによる診療やお薬の処方なども可能となっています。

 

我々、歯科医療従事者はお口の健康を通じて、皆さんと共にコロナウイルスと戦っていきます。