ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

大人の矯正治療の種類は?

2020.04.15(水)

矯正治療というのは、お子さんだけが受けるものではありません。成人してからでも受けられる矯正治療はいくつかあります。今回はそんな大人の矯正治療の種類について詳しくご紹介します。

▼ワイヤー矯正

ワイヤー矯正というのは、最も一般的な大人の矯正治療法です。金属製のワイヤーとブラケットを歯の表面に設置して、歯列の乱れを整えていきます。金属色が目立ちやすいというデメリットがあることから、敬遠される方もいらっしゃいますが、最近ではセラミックス製の白いブラケットを用いたり、白色のワイヤーを活用したりする方法もあります。そうした審美性の高い装置を用いることで、ワイヤー矯正のデメリットは改善することが可能です。

▼マウスピース矯正

その名の通りマウスピースを用いた矯正法です。透明な樹脂で作られたマウスピースは、極めて審美性に優れた矯正装置といえます。また、装置の表面性状がなめらかであるだけでなく、歯列に沿った形状をしていることから、装着感も良好です。さらに、取り外しが可能なため、食事や歯磨きも不自由なく行えます。

▼骨格的な矯正は行えない?

ここまでご紹介してきた矯正法は、すべて顎の発育が完了した人向けのものです。そのため、顎の発育途上にあるお子さまや思春期の方は、いわゆる「小児矯正」と呼ばれる矯正を受けることとなります。ただ、外科的な処置を施せば、大人になってからでも骨格的な矯正を行うことが可能です。

▼まとめ

このように、大人が受けることができる矯正治療というのは、意外にたくさんの種類があるものです。外科矯正も含めるとほとんどの症例に対応することが可能といえます。
鶴岡歯科医院では日本矯正歯科学会認定医が矯正治療を担当しております。ご自身やご家族の歯並びでお悩みの点がございましたらお気軽にご相談ください。