ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

前歯を失った際にも入れ歯を使うことができるの?

2020.03.18(水)

虫歯や歯周病が重症化したり、外傷などによって強い衝撃が加わったりするなど、歯を失う原因はさまざまです。例えばそれが前歯であった場合は、審美的な問題が大きいことから、すぐにでも補綴(ほてつ)治療を受けることがすすめられます。今回はそんな前歯を失った際の入れ歯治療について詳しく解説します。

▼前歯にも入れ歯は使える

結論からいうと、前歯を失った時にも入れ歯を使うことはできます。前歯の欠損部に入れ歯を使うことで、審美性の回復はもちろんのこと、機能面においても改善が見られるからです。実際、当院でも前歯の欠損部も含めたいろいろな症例の入れ歯をお作りしています。ただ、歯の失い方によっては、入れ歯ではない治療法の方が適していることもあります。つまり、入れ歯を使わない方が良いケースもあるのです。

▼入れ歯を使わない方が良いケースとは

例えば、前歯を1本だけ失った場合は、大型の補綴(ほてつ)装置を入れるよりも、ブリッジと呼ばれる補綴物を装着した方が審美および機能面において優れているといえます。ブリッジであればクラスプや義歯床といったパーツが必要なくなるからです。また、歯列に固定する形となるため、入れ歯よりもしっかり噛めるようになります。とはいえ、両隣の健康な歯を削らなければならないというデメリットもあることも知っておいてください。

▼審美性を考慮した入れ歯を作ることが大切

奥歯の入れ歯であれば、どちらかというと機能性を重視した設計となりますが、前歯の場合は審美性も考慮しなければなりません。どんなによく噛めても、美しくなければ満足のいく治療結果を得ることができないからです。当院であれば、機能性と審美性を兼ね備えた前歯の入れ歯をお作りすることも可能ですので、いつでもお気軽にご相談ください。

▼まとめ

このように、前歯を失った場合でも入れ歯を作ることはできます。大切なのは、入れ歯を装着することが最善の選択肢であるかどうかです。そのため、入れ歯を作る前にはしっかりとした検査と正確な診断が重要となってきます。