ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

食べ物の温度がよく感じられる入れ歯とは?

2020.02.12(水)

皆さんは普段、食事をしている時、何をもって「美味しい」と感じていますか?おそらく、多くの人は食品や料理の持つ「味」を堪能していると答えることでしょう。確かに、食べ物の美味しさの大部分は、食品そのものの味に由来していますが、その他、食感や香りそして食べ物の温度も関係してきます。そこで今回は、食べ物の温度がよく感じられる入れ歯についてご紹介します。

▼保険診療の入れ歯は熱が伝わりにくい?

保険診療で作ることができる入れ歯にはレジンというプラスチックが使われます。とくに、口腔粘膜と直接、接する義歯床がレジンであることから、食べ物の温度が伝わりにくい傾向にあるのです。また、レジンは金属と比べて壊れやすいため、義歯床を比較的厚く作らなければならない点も、食べ物の温度が伝わりにくいことにつながっています。

▼金属床の入れ歯なら熱伝導率が高い

自由診療では、義歯床の部分にチタンなどの金属を使用することができます。皆さんもご存知の通り、金属は熱伝導率が高い物質であることから、食べ物の温度が伝わりやすくなります。また、金属はレジンと比べると壊れにくい素材であるため、比較的薄く作ることができる点も食事が美味しくなる理由のひとつとして挙げられます。

▼食べ物の冷たさや熱さを感じることの大切さ

例えば、アイスを食べてもその冷たさを感じられなかったら、食べた時の満足感は半減しますよね。あるいは、熱いごはんやステーキ、ラーメンなども、その熱さが取り除かれてしまうと、食べた時の喜びも半減します。食事の際に温度を感じられるというのは、それくらい重要なことなのです。それだけに、入れ歯の床を金属で作ることは非常に有意義であるといえます。

▼まとめ

このように、金属床の入れ歯であれば、食べ物の温度が伝わりやすくなるため、歯を失う前と同じように食事を楽しむことができます。そんな金属床についてさらに詳しく知りたい方は、お気軽に当院までご相談ください。