ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

入れ歯の入れ方、外し方とは?

2020.01.15(水)

入れ歯というのは、入れ方と外し方にちょっとしたコツが必要となります。まだ入れ歯を入れて間もない方は、入れ歯の着脱に四苦八苦しているかもしれませんね。あるいは、これから入れ歯を新製する人は、きちんと着脱できるか不安に感じていることかと思います。そこで今回は、入れ歯の入れ方と外し方を簡単にご説明します。

▼部分入れ歯の入れ方・外し方

部分入れ歯は、患者さまのお口の状態によって、その形態も大きく異なります。けれども、入れ歯の入れ方と外し方は基本的には同じであるとお考えください。まず、部分入れ歯を取り扱う際には、クラスプと呼ばれる留め具が起点となります。クラスプのすぐ近くにはレストなどの大切な構造も存在しており、ここを起点に装着を開始することが望ましいです。

ですから、部分入れ歯をお口の中に挿入する際には、クラスプをつまんでお口へと運びましょう。クラスプやが歯にしっかりはまったら、義歯床(歯ぐき)の部分にも圧力をかけて適合させます。部分入れ歯を外す時も、まずはクラスプに手をかけます。爪や指先をクラスプに引っ掛けて、歯から外します。その後は、指でしっかり入れ歯を持って、お口の中から取り出します。

▼総入れ歯の入れ方・外し方

総入れ歯の着脱では、前歯の部分が起点となります。上の顎の総入れ歯を入れる際には、前歯の部分を指でつまんで、ゆっくりと挿入していきましょう。定位置に収まったことを確認したら、義歯床の部分に圧力をかけてください。下の顎の総入れ歯も前歯の部分をつまんで挿入することは同じなのですが、真ん中の部分が存在していないことから、少しコツが必要になります。

入れ歯が定位置に収まったら、両側の奥歯の部分に指で圧力をかけます。入れ歯が安定して入ればそのままゆっくり噛んでください。そうすることで、入れ歯の装着が完了します。総入れ歯を外す時は、前歯の部分を指でつまみ、奥歯の方を浮かせるような形で力を加えてください。コツをつかめば、簡単に取り外せるようになります。

▼まとめ

このように、入れ歯の入れ方と外し方には慣れが必要なことから、着脱に手間取っても焦る必要はありません。少しずつコツをつかんでいきましょう。もちろん来院された際には丁寧にご指導させて頂きます。