ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

入れ歯はご飯が美味しく食べられないって本当?

2019.10.16(水)

入れ歯は保険が適用されることから、手軽に作れる反面、ご飯が美味しくなくなるという話を聞いたことがあるかもしれませんね。確かにインプラントと比べると、治療費が安く、治療期間も短いというメリットがあると同時に、装着感や使用感などが劣るというデメリットも併せ持っています。そこで今回は、入れ歯と食事について詳しく解説します。

▼適合の悪い入れ歯はズレたり外れたりする

入れ歯を装着することによって、食事を楽しめなくなったという方は、お口の中にぴったりとフィットしていない入れ歯を使っている可能性があります。食べ物を噛む度に入れ歯がずれたり外れたりしたら、そちらの方が気になって食事が楽しくなくなりますよね。そうしたケースでは、入れ歯を調整したり入れ歯の材質を変えることで症状を改善できることがあります。

▼入れ歯は食べ物の熱が伝わりにくい

入れ歯というのは、その大半がレジンというプラスチックで作られています。プラスチックは、熱を遮断しやすい材料であることから、食べ物の熱さや冷たさを遮ります。その結果、ご飯が美味しくなくなることも珍しくないのです。そこでおすすめなのが「金属床(きんぞくしょう)」と呼ばれる入れ歯です。お口の粘膜と接する部分である「義歯床(ぎししょう)」がレジンではなく金属で作られた入れ歯です。金属床であれば、食べ物の熱が伝わりやすく、食事も美味しくなります。

▼入れ歯は大型の補綴装置

入れ歯は、ブリッジやインプラントと比べると、大型の補綴(ほてつ)装置といえます。それだけに、お口に装着した際の異物感や違和感は大きくなりがちです。ただ、使用する材料や治療法を厳選することで、入れ歯を小型化することも可能です。その結果、食事の際の異物感も少なくなり、ご飯を美味しく食べることも可能となります。

▼まとめ

このように、入れ歯というのはその装置の特性上、どうしても食事の味が落ちてしまう傾向にあります。とはいえ、上述したような処置を施すことで、そのデメリットを最小限に抑えることも可能です。鶴岡歯科医院では大学病院で入れ歯治療を専門に行っている歯科医師が入れ歯製作を担当しております。ご自身やご家族の入れ歯でお困りの点がありましたらお気軽にご相談ください。