ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

入れ歯の手入れに歯磨き粉を使ってもよいのか?

2019.10.09(水)

皆さんは普段、入れ歯をどのようにお手入れしていますか?義歯ブラシを活用している人もいれば、普通の歯ブラシでゴシゴシ磨いている人もいるかと思います。また、人によっては歯磨き粉を使って、念入りにブラッシングしている場合もあることでしょう。今回はそんな入れ歯のお手入れで、歯ブラシや歯磨き粉を使ってもよいのか詳しく解説します。

▼歯磨き粉は天然の歯を磨くためのもの

歯磨き粉には、さまざまな成分が配合されています。発泡剤や研磨剤、細菌の活動を抑える薬剤も含まれることがあります。さらに、歯質を強化してくれるフッ素も多くの歯磨き粉に配合されていますよね。それだけ良い成分が含まれているのだから、入れ歯に使ってもメリットが大きいように思えますが、それは間違いです。一般的な歯磨き粉は、あくまで天然の歯を磨くためのものであって、入れ歯に使用することで悪影響が生じることがあるからです。

▼研磨剤によるダメージ

歯磨き粉に含まれる研磨剤は、エナメル質のような硬い組織を磨く上では有用かもしれませんが、レジンというプラスチックで作られた入れ歯に対しては不利益が大きくなります。具体的には、人工歯や義歯床の部分に傷をつけ、入れ歯に大きなダメージを与えてしまうのです。そのため、入れ歯のお手入れに歯磨き粉を使うことはおすすめできません。

▼天然歯は歯ブラシ、入れ歯は義歯ブラシ

部分入れ歯を装着されている方は、お口の中にご自身の歯も残っていることから、一般的な歯ブラシをそのまま入れ歯のお手入れに使いたくなるものですよね。けれども、歯磨き粉と同様、歯ブラシも天然歯を磨くために作られたものであるため、入れ歯のブラッシングには適していません。入れ歯には「義歯ブラシ」と呼ばれる専用のブラシを使用することが重要です。

まとめ

このように、一般的な歯磨き粉や歯ブラシを入れ歯のお手入れに使うことは良くありません。入れ歯の寿命を縮めることにつながりますので、控えるようにしましょう。入れ歯のお手入れは、義歯ブラシと入れ歯洗浄剤を使用するのがベストといえます。また入れ歯の種類によって適した「義歯ブラシ」と「入れ歯洗浄剤」の組み合わせがあります。
ご自身やご家族の入れ歯に適した組み合わせについてはお気軽にスタッフにご質問ください。