ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

入れ歯の手入れの正しい方法は?

2019.10.02(水)

入れ歯をお手入れする際には、いくつか注意しなければならない点があります。正しいお手入れ方法を実践することで、入れ歯の寿命も長くなります。今回はそんな入れ歯のケア方法について詳しく解説します。

▼入れ歯専用のブラシを使用する

入れ歯は、とてもデリケートな補綴装置です。天然の歯を磨く歯ブラシを使用すると、表面に細かい傷が生じてしまい、汚れがたまりやすくなります。研磨剤が配合された歯磨き粉の使用も、入れ歯へのダメージを大きくすることから、使用は控えるようにしましょう。そこで有用なのが「義歯ブラシ」です。義歯ブラシとは、入れ歯専用のブラシで、人工歯や義歯床に付着した汚れを効率的に落とすことができます。

▼水道水で洗い流す

入れ歯の表面は、プラークや食べかすなどが付着し、細菌が繁殖しやすい環境が整っています。それだけに煮沸消毒や熱いお湯で洗い流すなどの処置が有効に思えますが、これらは入れ歯を変形させるおそれがあることから、おすすめすることはできません。義歯ブラシで磨いた後や、入れ歯の表面についた汚れを洗い流す時は、温度的な刺激を与えない水道水を用いるのが一番です。

▼乾燥させない

入れ歯を構成しているのは、吸水性の高いレジンというプラスチックです。このレジンは、湿度が100%である口腔内で、安定した状態を保つことができます。お口から外した際に机の上などに放置すると、レジンが乾燥して変性を招きます。場合によっては亀裂が入るなど脆くなってしまうことから、入れ歯はに乾燥させないようにしましょう。

▼入れ歯洗浄剤を活用する

入れ歯の汚れというのは、義歯ブラシによるブラシッシングだけでは、どうしても取り切ることが難しいです。入れ歯洗浄剤であれば、ブラッシングでは除去できない汚れも取り除くことができます。1日1回、夜眠る前に入れ歯洗浄剤を使うことで、入れ歯の衛生環境をリセットすることができます。そのまま薬液に浸けることで、入れ歯の乾燥を防ぐことにもつながります。

▼まとめ

このように、入れ歯をお手入れする上では、気を付けなければいけないことがあります。上述したポイントを参考に、毎日しっかりと入れ歯のケアを行っていきましょう。
入れ歯の磨き方や「義歯ブラシ」の使い方はお気軽にスタッフにご質問ください。