ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

歯を磨かなくても虫歯にならない人がいるのですが、体質によるものなのでしょうか?

2019.09.18(水)

虫歯にやりやすいかどうかは、人によって大きく異なります。毎日一生懸命、時間をかけて歯磨きしているのに、繰り返し虫歯が発生する人もいれば、1日1回の歯磨きでお口の健康が保たれる人もいるからです。これは、歯質や体質が関係しているといえます。

 

  1. 虫歯に強い歯とは?

 

1日に1回の歯磨きだけで、虫歯予防が行える人は、もともと歯質が強いと考えられます。つまり、酸などに対する抵抗性が強いエナメル質を持っているのです。逆に、エナメル質が元々が弱いと、毎食後ブラッシングを行っていても、ふとしたきっかけで虫歯になってしまう人もいるのです。

 

  1. 虫歯に強い体質とは?

 

虫歯になりにくい人は、歯質だけでなく体質も虫歯に対して抵抗性が高いといえます。具体的には、唾液の分泌量ですね。唾液には、抗菌作用、殺菌作用、自浄作用、緩衝作用など、虫歯の発生を抑制する成分がたくさん含まれています。そのため、唾液の分泌が活発な人は、体質的に虫歯になりにくいといえるのです。

 

  1. 虫歯菌に感染していない

 

出生直後、私たちのお口の中は無菌状態が保たれています。虫歯菌も歯周病菌も存在しない状態ですね。その後、お母さんとのキスや食べ物の口移しなどで虫歯菌に感染するケースが非常に多くなっています。専門的には垂直感染と呼ばれているものです。そんな垂直感染は、1歳半から2歳半の間に最も起こりやすく、この時期に感染を免れると、その後も虫歯の発症リスクが激減することがわかっています。ですから、歯を磨かなくても虫歯にならない人は、そもそも虫歯菌がお口の中に存在していないケースも考えられるのです。

 

  1. まとめ

 

このように、虫歯は歯質や体質によって、かかりやすさが異なります。ですから、歯を磨かなくても虫歯にならない人がいても、けっしておかしいことではないのです。大切なのは、自分の歯質や体質を知り、適切なオーラルケアを継続することです。