ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

メタルコアとファイバーコアの違い

2019.08.21(水)

被せ物であるクラウンを製作する過程では、「コア」と呼ばれる部分を作る必要があります。簡単にいうと、クラウンの土台となるパーツですね。コアにはメタルコアとファイバーコアがあり、必要に応じて使い分けられています。ここではそんなコアの材料による違いについて詳しく解説します。

 

  1. メタルコアの特徴

 

メタルコアとは、金属によって作られたコアです。金属で作られているだけあって、非常に丈夫です。けれども、丈夫過ぎて歯根を破折させてしまうことも多々あります。硬いものなどを噛んだ時に、強い圧力が金属から歯根へと伝わり、金属ではなく歯質の方を破壊させてしまうのです。ですから、コアとしては硬すぎるというのはあまり良い性質ではないといえます。

 

  1. ファイバーコアの特徴

 

ファイバーコアは、グラスファイバーによって作られたコアです。金属と比べると柔軟性が高く、強い力が加わってもある程度は吸収することができます。また、歯根の性質と似ているため、歯根破折のリスクも少ないといえるでしょう。色調に関してもメタルコアのような違和感を生じさせることが少なく、機能性と審美性に優れたコアといえます。

 

  1. どっちが優れているの?

 

上述した通り、強度や耐久性に優れているのはメタルコアです。歯科用合金で作られていますので、そう簡単に壊れることはありません。一方、機能性や審美性に優れているのはファイバーコアです。そういった点を踏まえて、どちらが歯の寿命を延ばしてくれるかというと、やはりファイバーコアといえるでしょう。

 

  1. まとめ

 

このように、メタルコアとファイバーコアでは、使われている素材そのものが異なっています。当然、材質に応じて歯に与える影響も大きく異なります。ですから、それぞれの特徴を踏まえた上で、治療法を選択することが大切です。歯科治療に対して何を優先するのかを考えると、自ずと最適な治療法が見つかるかと思います。気になる方はまず歯科医師に相談してみましょう。