ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は鶴岡歯科医院まで

  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・電話
  • 鎌倉駅・鶴岡歯科医院・メニュー

記事

子供の歯医者の選び方

2019.07.17(水)

子供の歯が生えてくるのは、生後半年くらいからです。多くの場合で下の前歯から生えてくるのですが、まだ離乳の時期でもありませんし、歯に関して気にすることも少ないかと思います。それが1本、2本と生えてくると、いよいよ歯医者に通うことを考え始めるのではないでしょうか。そこで知っておきたいのがお子さんのの歯医者の選び方です。小児歯科は、お子さんが初めて出会う歯医者さんですので、慎重に選ぶことが大切です。

 

  1. 子供の扱いに慣れている歯医者さん

 

お子さんの歯科治療というのは、大人の患者さんと比べると、異なる点が多々あります。とくに、治療に対する協力性という観点では、大人の方が何倍も治療しやすいといえるでしょう。そうした違いをきちんと理解し、お子さんに対して配慮できる歯医者さんがおすすめといえます。無理矢理チェアに座らせて、強引に治療を進めてしまうような歯医者さんだと、お子さんはすぐに歯医者嫌いになってしまうからです。

 

  1. 大人になった時のことまで考えてくれる歯科医師

 

乳歯の虫歯ですと、ついつい大人の歯に生え変わるから大丈夫。と考えてしまうこともあるかと思います。ですが実は乳歯の虫歯や歯並びが、そのあとの大人の歯の発育を邪魔したり、弱い歯になって生えてきてしまうことがあるんです。

ですから、大人の歯になった時のことも考えて治療をしてくれる歯医者さんがおすすめです。

 

  1. お子さんにも予防の意味を教えてくれる。

 

お子さんのお口がこれから成長していくうえで、いかに小さい時から正しくブラッシングをして、定期的にメインテナンスへ通うかということが、ある意味、これからのお口の一生を左右する大きな分かれ目になってきます。ですから、お子さんに正しいブラッシングの指導をしてくれて、嫌がらずにメインテナンスへ通えるように、話してくれたり、雰囲気を作ってくれる歯科医院を選ばれると良いと思います。

 

  1. まとめ

 

このように、お子さんが初めて通う歯科医院は、慎重に選ぶ必要があります。最初の治療で歯医者嫌いになってしまったら、その後の人生にも大きな悪影響が及びますので、上述したポイントを参考に、最良といえる歯医者さんを探してください!!

鶴岡歯科医院も候補に入れて頂けるとありがたいです(笑)