ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院 まで

  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・電話
  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・メニュー

記事

メタルフリーになることでどのようなメリットがあるのか

2019.01.02(水)

保険診療で受ける歯科治療では、いろいろなところで金属が使われます。例えば、奥歯の虫歯を削ったあとは、詰め物や被せ物を装着しますが、それらは金属で製作されることがほとんどです。けれども、金属製の補綴物にはいくつかのデメリットがあります。そこで最近注目されているのがメタルフリーの治療です。

 

  1. 金属アレルギーの心配がない

 

メタルフリーの治療では、文字通り金属を使用せず補綴物を製作するため、金属アレルギーのリスクがゼロとなります。歯科用金属には、いろいろな種類の金属が含まれているため、金属アレルギーを発症している人が少なからずいらっしゃいました。また、今現在、金属アレルギーの症状が出ていなくても、お口の中に金属製の補綴物が存在することで、将来、金属アレルギーを発症する可能性もゼロではありません。そういった点で、メタルフリーにする価値は非常に高いといえます。

 

  1. 見た目が自然になる

 

メタルフリー治療ということは、基本的にレジン(プラスチック)やセラミックといった歯の色にそっくりな材料を使用しますので、治療後の見た目が自然になります。とくにセラミックというのは、天然の歯に近い色や質感を持っていますし、それぞれの方の歯の色に合わせてオーダーメイドで製作することが出来ます。セラミック製の詰め物や被せ物を装着することで、歯科治療を受けたことがわからないくらい、美しく仕上げることが可能です。

 

  1. 歯へのダメージが少なくなる

 

金属はとても丈夫な素材で、壊れることはまずありません。そういう意味で、耐久性は高いといえますね。けれども、丈夫過ぎるというもの、実は問題なのです。例えば、金属製の詰め物や被せ物を装着すると、周りの歯質の方が摩耗したり、破壊されたりすることがあります。これは硬すぎる金属の弊害といえます。ですから、メタルフリーにすることで、周りの歯へのダメージを軽減できるというメリットは得られます。

 

  1. まとめ

 

このように、金属を一切使用しないメタルフリー治療は、いろいろな面でメリットが大きいです。これから詰め物や被せ物の治療を受ける方は、メタルフリーな治療も選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。