ブログ|鎌倉駅で歯科をお探しの方は医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院 まで

  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・電話
  • 鎌倉駅・医療法人社団Craile 鶴岡歯科医院
・メニュー

記事

歯の土台をファイバーコアにするメリット

2018.12.26(水)

虫歯が進行すると、歯の頭の部分である「歯冠(しかん)」が崩壊してしまいます。そうなった時に必要となるのが被せ物(クラウン)による補綴治療です。被せ物を装着するには、コアと呼ばれる土台を作る必要があるのですが、それを金属ではなくファイバーコアにする治療が普及してきています。そんなファイバーコアによる治療のメリットについて詳しく解説します。

 

  1. 歯の土台は金属が一般的?

 

被せ物を装着する際に、歯の土台を作ることになるのですが、一般的には金属が使われることが多いです。いわゆるメタルコアと呼ばれるものですね。メタルコアであれば、丈夫で製作も比較的簡単であり、コストも低く抑えることができます。ただ、コアを金属にすると、クラウンから金属色が透けて見えたり、金属が硬すぎるために残った歯質を割ってしまったりすることもあるのです。そういった理由から、ファイバーコアが選ばれることが多くなってきています。

 

  1. ファイバーコアは歯質に近い材料

 

ファイバーコアは、柔軟性の高い材料です。例えば、歯に強い力がかかった時に、内部に金属製のコアが入っていると、圧力がコアにではなく周りの歯に及んでしまうのです。その結果、歯根(歯の根)が割れてしまうことがあります。実はこの歯根破折が虫歯や歯周病を上回って抜歯の原因第1位なんです!!一方、ファイバーコアであれば、柔軟性などの性質が歯に近いため、強い圧力がかかってもコアと歯に均等な力が及びます。これは、クラウンを長く使い続けていく上で、非常に重要な要素といえます。

 

  1. 自然な色に仕上がる

 

コアの上にはレジンやセラミックで製作したクラウンを装着しますが、内部にメタルコアを設置していると、金属色が透けて見えることがあります。その点、ファイバーコアであれば歯質に近い色をしていますので、目立つようなことはなく、自然な色に仕上がります。また、金属アレルギーのリスクもなくなるため、体に優しい歯科材料といえるのです。

 

  1. まとめ

 

このように、クラウンのコアをメタルではなくファイバーにすると、いろいろなメリットを得ることができます。気になる方は、歯科医師に相談してみましょう。